PCや資料を広げるスペースがある?

在宅勤務

もともと働き方の多様化を求める声から、テレワークを導入する企業は緩やかな増加傾向にありました。

それがコロナウィルスによって急速に高まり、これからも増加していくと予想されています。

これからの時代、「自宅で仕事をする」のが標準になっていくのかもしれません。

PCや資料を広げて、仕事に集中できるスペースはありますか?

自宅での仕事環境を快適にするコツは、やはりスペースの確保だといえます。

Let’s make a list!

まずはテレワークの際、どんな業務をこなすのかリストアップしてみましょう!

★長時間ひとりで集中することが多い?

★web打ち合わせなどが多い?

​など、仕事の内容によって必要な設備や環境が見えてきます。

ワークステーション

Workroom or Workspace?

リビングスペース.jpg

リビングの一画にワークスペース

オープンスペースでOKなら、リビングの空いている壁面にワークデスクを設置するだけでもワークスペースとして活用できます。

​もう少しプライベート空間にしたい場合は、間仕切や建具で区切ったり、床を一段上げればワークスペースとして独立させることが出来ます。

​リビングにワークスペースを設けるのは、リビング・ダイニング・キッチンとつなぎで広い場合が多いからという事もありますが、家族の様子を見ながら仕事をする事ができて動きやすいと思われる方も多いようです。

リビング以外にワークスペース

リビング以外にも階段下のデッドスペースや、廊下、クローゼットをそのままワークスペースに変えてしまう事もできます。

​クローゼットの中にワークスペースを作ってしまえば、使わない時は扉を閉めてスッキリ!上部に棚をつければ、仕事に必要な書類も置けて収納としても使えます。​​​​

​階段下のデッドスペースは収納になっていることも多いですが、ワークスペースとして活用する事ができます。

収納スペース.jpg
リモートミーティング.jpg

ワークスペースをきっちり分けたい!

WEBでの打ち合わせが多かったり長時間集中する事が多い仕事の場合は、やはり個室としてのワークスペースが必要です。

スペースがあればワークルームを設けてしまうのが一番良いのですが、​スペースの確保が難しい場合は、家族の出入りが少ない寝室をゆるく壁で仕切ってスペースを確保するなど、やはり空間を間仕切や建具などで区切ってしまう方が集中できてよいでしょう。

最初にも申し上げたように、テレワークを導入する会社はこれからも増えていきますし、働き方は変わっていくのだと思っています。自宅にPCや資料を広げる専用スペースがあればストレスなく状況に対応できますし、仕事以外でもワークスペースは結構便利に使えるのでは?

​自宅での仕事環境を快適にするにはやはりスペースの確保が大切です。リストアップした内容をもとにお客様にあったワークスペースのご提案をいたしますの是非一度ご相談くださいね。

CONTACT

お気軽にお問合せください
​この度は、アボックのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
​お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。
☏ 0120-103-403
LINE_HP用ロゴ2.png

LINEからのお問合せはこちら