家の断熱性能をアゲ

断熱化リフォームは冬の寒さ対策にもなり、夏の暑さ対策にもなりますので年間を通しても過ごしやすい環境をつくる事ができます。それは身体にもやさしく、冷暖房の効きがよくなるため、環境にもやさしいといえるでしょう。
家がどのくらい断熱されているのか目には見えない部分ですが、健康で快適な生活をおくるためにはかかせないのです。

窓の断熱リフォーム

熱の出入りが一番大きい窓の断熱化はとても効果が高いといえます。
プラスαとして結露の予防になったり、二重窓にすると防音効果などもあります。

アタッチメント付 複層ガラス-2.png

複層ガラスに交換

今ある窓フレームを生かして、ガラスの部分だけ交換します。

かんたんマドリモ断熱窓-2.png

断熱サッシに交換

今ある窓枠に新しい枠をかぶせて窓を取替えます。

​内窓を取付

今ある窓に内窓を取付けて二重窓にします防音効果も高いです。

太陽の熱を窓の外側でカットして、室内の温度を心地よくキープ。冷房費をグッと軽減でき、室内熱中症対策にも効果的です。窓の上のボックスからサッと引き下げるだけで、しっかり日差しをカット。使わないときはすっきり収納できます。

LIXIL_スタイルシェード.jpg

​窓の断熱化に加えて夏場の暑さ対策に効果的な商品も!

LIXIL_スタイルシェード説明.jpg

天井の断熱リフォーム

夏場の小屋裏は50℃をこえる暑さとなります。断熱をきちんとすることで温度上昇を抑えて、冷房効率もアップ。

もちろん冬場の暖房対策にも効果的です。

断熱_ブローイング方式.jpg

ブローイング工法(天井吹き込み断熱工法)

天井点検口から小屋裏に入り、気流止め施工後、専用の吹き込み機械で吹き込み施工します。
隙間のない施工が可能で、施工厚さも自由に設定可能。既存断熱材がある場合はその上に吹き込むことも可能です。

断熱材_アクリア.jpg

天井敷き込み施工

天井点検口から小屋裏に入り、壁上部(外周部・間仕切り壁)に外気が入り込まないように気流止めを施工した後、断熱材を隙間無く敷き込みます。

壁の断熱リフォーム

外からの暑さや寒さを遮断すると同時に、室内の冷暖房の熱をにがさないようにするので光熱費を抑えることができます

壁断熱_アクリアウール2.jpg

​既存の壁をそのままで断熱

既存カベの内側に断熱ボードを施工していきます。上から貼っていくので解体が不要です。

​既存の壁を剥がして断熱

内装を下地からリフォームする際には、充填断熱施工が出来ます。隙間ができないように施工し、機密性も高めます。

床の断熱リフォーム

断熱性能を上げて、冬の底冷えやすき間風を解消します。床下からの施工が可能ですので床をめくる必要もなく、比較的容易にできる断熱リフォームといえます。

アクリアUボードNT.jpg

断熱材を納入します。

床断熱_養生.jpg

周りの床・家具等をきちんと養生してから工事に入ります。

床断熱_施工.jpg

キッチンの床下収納庫や和室から、床下に入って施工します。断熱材を隙間なく入れたら、落ちないようにしっかり固定して終了です!

弱点をおぎなう快適暖房

しっかり断熱対策をして、部分的に弱点を暖房でおぎないましょう。

●床暖房

床暖房用2.jpg
プラス.png

足元から温まる床暖房は快適です。

​温水や電気など種類も様々で、現状の床の上から施工できるものもあります。

●小空間マルチエアコン「ココタス」

cocotas_0.jpg

洗面室や廊下・キッチンなど小空間の狭い天井にコンパクトに収まるマルチエアコンもあります。

●浴室乾燥暖房機&洗面室暖房機

浴室暖房機.jpg

浴室の換気暖房乾燥機と洗面の暖房機をセットで取り付ければ、寒い日のお風呂も快適になります。