シニア生活に備え
ライトウッドパネル

人生100年時代といわれるようになり、ライフスタイルの変化を迎える50代~60代におもいきってリフォームする方がとても増えてきました。ゆったりと家で過ごせる時間が持てるようになりますので、自分の価値観にもとづいた仕様の住まいにリノベーションして、健康で・自立した・自分らしい生活をながく続けていきたいと考える方がとても多いのです。

​健康寿命をのばし、ながく暮していける住まいをつくりましょう。

ずっと住み続けることが出来る空間づくりとは?
病気を防ぐ!

POINT.1 家の中の温度差をなくす。

冬、暖かいリビングから寒い浴室やトイレに移動したときなど、急激な温度変化によって血圧が上昇し、脳卒中や心筋梗塞を起こすヒートショック。これを防ぐには、断熱性と気密性を高めて家の中の温度差を小さくすることが基本です。
断熱についてはこちらをご覧ください。

POINT.2 シックハウス症候群を防ぐ、身体にやさしい素材選び

住宅の気密性が高まると、建材に含まれる揮発性有機化合物が室内にとどまり、空気環境が低下します。これによって体に不調をきたすのがシックハウスです。天然の木、石、土などにはホルムアルデヒドは含まれず、調湿作用や消臭効果がありますので、床を無垢材、壁を珪藻土仕上げにするなど天然素材を選ぶことも選択肢のひとつに入れてください。
合わせて適度に自然の風をいれるのか、24時間換気システムを採用するのかなど、換気の計画も大切です。

リビング.PNG
無垢材イメージ.png
漆喰イメージ.png
ケガを防ぐ!

POINT! 小さな段差をなくして、つまづき・転倒予防

高齢になっても大きな段差には注意を払いますが、むしろ小さな段差に気づきにくく、カーペットのめくれでつまずくことも珍しくはありません。フローリングとカーペットや畳との境目、建具の敷居部分など、目立たない段差こそフラットに。引き戸を敷居不要の吊り戸にする、V溝レールを施した敷居を床に埋め込む、浴室と脱衣所の間は段差を解消する排水ユニットを使用するなどの工夫を。

つまずく.PNG
介護の備え

POINT.1 水まわりをまとめて短い動線で暮せる間取り

 

階段の上り下りはいい運動になりますが、足腰が弱ると一気に支障が出ます。いざとなったら一戸建ての場合、エレベーターを設置するか、ワンフロアで暮らせる間取りを考えましょう。究極にラクな間取りは、住まいの全機能がそろったワンルームですが、たとえばLDKを広めにするか隣を客間にしておけば、将来ベッドを置くことができます。
トイレ、洗面所、浴室はまとめて、引き戸を開けたら一直線に移動できるとスムーズ。トイレと寝室も近いと夜中のトイレが安心です。洗濯機→ベランダ→室内干し→クローゼットなど、動線が短くなるように間取りを決めましょう。

ストレスフリー

POINT! ゆるやかにつながる空間で安心と自由を両立

これから先、いつ何が起きてもおかしくない年齢に差しかかります。たとえば夫婦二人なら、お互い好きなことをしながらも、ゆるやかにつながる心地いい距離感が理想です。リビングダイニングを拠点に、お互いの気配を感じる範囲が安心できる距離だといえるでしょう。二世帯や同居などの場合でも気配を感じることのできる間取りは、考慮すべき点です。

くつろぐ.PNG
ヨガ.PNG

POINT.2 手すりの下地補強とゆったり幅の廊下や階段

 

高齢になったときに手すりがあると、移動や起居動作が安定します。手すりは、壁の中にある間柱か、間柱がない個所には、壁裏に下地材を補強してビスを打ち込み固定します。今は不要でも下地材を入れておきましょう。下地がないと壁の上から太いベースの板を固定しなくてはならず、見た目がよくありません。下地を入れておけば、いざというときに工事が簡単なうえ、美しさもそこないません。廊下の幅は78cmが一般的ですが、手すりをつける予定の廊下や階段は、広めの幅を確保しておきましょう。車椅子がラクに通れるのは幅80~85cm以上です。

2019-06-18%2017%2006%2041_edited.png
便利な機能や商品いろいろ
IHクッキングヒーター
トリプルワイドIH.jpg

ガスコンロに慣れていると、使いにくいという声もありますが、IHのほうが安全性も高くフラットでお手入れがしやすいという利点もあります。

​手前が広くあいて作業もしやすいトリプルワイドIHが人気です!

ほっとクリーンフード
ホットクリーンフード.jpg

レンジフードのお掃除はとても手間がかかりますし、大変な作業です。たとえば「ほっとクリーンフード」は10年間ファンのお掃除が不要!油汚れが集まるラクウォッシュプレート(油捕集板)のお手入れは、食器洗い乾燥機で1年に1回洗浄すればOKという優れものです。機能はどんどん進化しておりますので負担を軽減してくれるものは取入れてください。

電気錠の玄関ドア
玄関ドア.jpg
玄関ドア鍵.jpg

自動車や駅の改札口も、もはや電気錠が当たり前になってきていますが、玄関ドアもリモコンやカードでラクにカギの開閉ができ、家族それぞれが使いやすいタイプを選べます。リモコンキータイプなら、バッグやポケットに鍵を入れておけばタッチするだけで鍵が解除されますので鍵を出さなくてもOK。またオートロックに設定が出来ますので、鍵の閉め忘れもなくなり安心です。 

​電動昇降棚
オートムーブシステム.jpg

ボタンひとつで吊戸棚の収納庫が自動で昇降。手の届きやすいエリアにおりてきます。調理家電の収納や、調味料置き、まな板・ふきんの除菌乾燥も選べたりと自分の使い勝手でカスタマイズできるものもあります!

手を伸ばしてモノを取ったりなど不安定な動作もなくなり、作業もスムーズになりますので是非取り入れてください。

ベンチタイプのカウンター
ベンチタイプのカウンター.jpg

ベンチカウンターからそのまま湯船につかることができますし、サポートバー(手すり)も取付けると動作が楽になります。デザインもスッキリとしていて、イスを置かなくてもよいのでバスルームが広々と使えるのも良いですね。

入浴はとても体力を使いますので、後々のことを考えて楽に動作ができるタイプを選んでおくと良いでしょう。

ロボット掃除機

​段差も解消され、ゆるやかに間仕切られた空間ではロボット掃除機が活躍します!AIが搭載されて機能性もUPしておりますので、おそうじが楽になるのでは?