CONTENTS
  • 特 長
OPEN

AM9:00〜PM6:00

CLOSE

毎週日曜日

特長

私たちアボックは、建物の改装工事ばかりではなく神戸東灘区を中心にお客様のあらゆるニーズに迅速に対応しております。時には、屋内外の漏水・雨漏り調査や建具の調整、樋の詰まりやシロアリ発生時の調査、設備機器の故障など建物のお困りごとはなんなりとご相談を承っております。
又、リフォーム工事お引き渡し後もアフターメンテナンスを兼ねてご自宅へ定期的にご訪問させて頂いております。

1.私たちの建築への思い

住宅には様々な性能が求められますが、暖かく暮らせる、安全安心に暮らせる、高齢になっても暮らし続けられる事が基本的に求められています。

これからの住宅には、地球温暖化を防止する、地震など自然災害時の被害を少なくする、少子高齢化に対応するといった社会的問題から「断熱化」「耐震化」「高齢化対応」の3つの性能を確保していくことが重要と考えています。
住宅の改修には、もともとの機能や性能を維持していくために必要な維持改修とこれまでになかった機能の追加や性能を向上させるための性能改修が有ります。古い住宅であっても、適切な性能改修を施すことによって「断熱化」「耐震化」「高齢化対応」の性能を向上させることができ、愛着のある家が新築住宅と比べても遜色のない性能の住宅に生まれ変わり、快適に住み続けることが可能になります。

私たちは、性能改修を念頭に置き改修計画の合理的な進め方をご案内致します。

2.地域に密着する

暖かく健康に暮らす、省エネルギーで経済的に暮らすためには住宅の断熱・気密化が必要です。断熱化された住宅においても、気密不足のため十分にその断熱性能が発揮されない住宅もあります。また、二酸化炭素の発生による地球温暖化防止などの視点からも、住宅の省エネルギー化は重要な課題となっています。
 目標性能は、次世代省エネ基準と呼ばれる少ないエネルギーで居住空間全体が暖かい住宅が可能となるレベルが望まれます。そのため、壁や天井、床など断熱材の強化、断熱性能の高い窓へ交換等の改修が必要になります。

3.自社での施工管理

地震の多い日本では、過去に幾度となく大きな被害を受け、住民の生命、財産が脅かされました。このことに対処するため建物の地震に対する強度が一定以上必要になります。特に、昭和56年以前の住宅では当時の基準が低かったため、強度が不足しているものが多いことが予想され、耐震化が急がれます。
目標性能は、現行の建築基準法に定める新耐震基準と同じ性能、あるいは耐震診断で大地震に対して建築物が倒壊しないこととします。そのため、現在の住宅の耐震断を行い、必要な耐力が得られるよう筋かいや構造用合板、金物等で補強することが必要になります。

3.自社での施工管理

加齢とともに体力が不安になったり、介護が必要になっても自宅で住み続けたいと多くの方が考えています。いつまでも安心して住み続けるための住宅として、

    1. 身体の衰えに対応して生活行為が安全かつ容易にできるように、手すりの設置や段差解消をはかる。
    2. 安心して住み続けられるよう、1階で生活行為の大部分を行えるような間取り、介護が必要になっても住み続けられるような空間づくりなどを考えていく必要があります。
PAGETOP